事業案内

   
シロアリ・ネズミ・害虫のいない快適な生活を、私たちがお手伝いします。

私たちプロが、最新の技術と豊富な知識で防除・駆除作業にあたります。

信頼のある「一般社団法人 新潟県ペストコントロール協会」にお任せください。
ネズミの害ゴキブリの種類ハチの被害
ネズミ
ネズミの害
人間生活からみたねずみの害は、単に、その場に生じた「被害」現象だけのものではなく、衛生上、経済上、人間に対し、想像以上の害を与えている。
俗に「ねずみ算」という言葉があるが、雌雄1対のねずみは、1年後に約9,400匹、3年後には3億5千匹に達する。実際には、気象条件、天敵、人間による駆除など、多くの理由のため、大部分が1年以内に死亡し生き残る個体は5%以下になってしまう。
ネズミ
●クマネズミ
ネズミの仲間ではかなり大きい方で、体重は200g位、体長は17〜26cm。本種は日本全土の住家に普通に見られ、家屋内でも天井裏・押入れ・納屋などの高所に住み、高層建築物ではよく上の方の階に生息する。伝染病の保菌獣として注目される。

●ドブネズミ 
ネズミの仲間では大型類に属し、体重が300g以上に達することも希ではない。体長は22〜26cm。本種はクマネズミと同様日本全土に見出され、繁殖力が旺盛。半家住性で、野外にも生活し農作物に大害を与えることもある。

●ハツカネズミ 
小型種で体重は15〜20g、体長は6〜10cm。本種は半住性で、夏季は畑地に、冬季は屋内に住むものが多い。ほかのネズミの入れないドアの隙間などから容易に出入りし、旺盛に繁殖することがある。伝染病の保菌獣として注目される。
⇒公益社団法人 日本ペストコントロール協会へ
▲TOP
ゴキブリ
ゴキブリの種類 
ゴキブリ日本には約30種類のゴキブリが住んでいるが、屋内に侵入し人に害を与えるものは次の3種類である。
●チャバネゴキブリ 
全国的に広く分布する唯一の種類で、暖房設備のある暖かい所に多い。ほかのゴキブリに比べて著しく小さく、成虫の体長は10〜13mmで、黄褐色で色が淡く、胸背面に2本の黒い縦すじがある。

●クロゴキブリ
関東から南に分布し、濃い茶褐色の大きな種類で特徴は乏しい。民家のほかに飲食店、倉庫などにおり、体長は25〜35mm、夏季には電燈に飛んでくることもある。

●ヤマトゴキブリ 
東北から関西にかけて分布し、特に関東地区に多い。クロゴキブリによく似ているが、雌成虫は翅が短く、雄成虫は体が細く胸部背面がデコボコしている。家屋、アパートのほか、屋外でもしばしばみられる。
⇒公益社団法人 日本ペストコントロール協会へ
▲TOP

ハチ
ハチの被害
一般的に我々に害を与えるハチは、スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチの3つの仲間です。ハチが刺す針は、実はメスの産卵管で、本来は卵を産む為の管です。ここから刺した瞬間に毒液を出します。巣があることを知らないで近づいたり、触ってしまったり、また、ハチが付いているのを知らずに布団等の洗濯物を取り込んでしまい、刺されたケースがほとんどです。 ハチ
アシナガバチ科 ●アシナガバチ科
比較的温和ですが、刺激に対しては攻撃してきます。
大型ではあるが体がすんなり細く脚が長い。木の枝や軒下などに紙質の丸い巣をつくるので、人に触れる機会が多く被害例が多い。黒色と黄色の斑紋があって、なじみ深いハチである。
●スズメバチ科
刺激に対し協力に攻撃してきます。
大型の種類では27〜37mm、黄、赤色の毛をまとい、黒や褐色の斑点がある。全国に分布し、軒下、木の枝、樹木の空洞などに壺型の大きな巣をつくる。日没数時間後から日の出までは活動力が鈍るが、巣の近くでの刺激に対しては攻撃してくるので注意が必要である。
スズメバチ科 
⇒公益社団法人 日本ペストコントロール協会へ
▲TOP

刺傷の症状は
●刺された所には痛みが走り、その後大きくはれる。
●刺された所を中心に広くむくみ、疼痛やかゆみがある。
●痙攣、虚脱等の中枢神経症状があらわれることもある。
●スズメバチの場合は、人の体質により差があるが、軽症からショックにより死ぬことまである。
●重症の場合は全身症状は10〜15分で現れる。

刺傷の治療法は
★刺されたり、救助した場合は、刺傷部を冷却する。
★直ちに医師へ行き処置を仰ぐことが必要である。
★ミツバチの場合は、刺傷部の針を抜く。
★アンモニア水は効果がない。
今のところ、刺されたあとの有効な救急薬はない。

ハチの予防と駆除
・巣が小さいうちに取り除く(春先のみ)
・巣に近づかない(巣の近くで、動く黒いものを攻撃)
・遠足等、野外へでかけるときは、明るい服装を選ぶ
・スプレー式殺虫剤を携行し、襲われたらハチに向けて噴射する
・ハチは明るい方向へ飛ぶので、家や車中に侵入した場合は、窓を全開する
・秋には陽にあてた洗濯物の中に、潜んでいることがある
・ハチ毒は、目に入ると非常に危険である
(特にスズメバチ科の場合)
巣を駆除する場合、作業と周辺住民の安全対策の両方を配慮すべきであり、万一を考えて、専門家に依頼(有料)するほうがよい。


ネズミ、ゴキブリ、ハチの他にも、ダニ・ノミなどを中心に皆さまの周りには生活・健康面で想像以上に害を与えている、衛生害虫がたくさんいます。当会員にご相談ください
▲TOP


Copyright(c) 2005 PCO NIIGATA All rights reserved.